本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

約9割が負ける・損する株式投資の世界。

株式投資では、個人投資家の約9割が「負ける」「損する」と言われてます。これを示す明確なデータは存在していませんが、往々にして個人投資家の大半は株で失敗し、損失を被っているという表現で良く使われます。

当サイトでは、『株で出した損失を取り戻す』ため、大半の個人投資家が負けてしまうその原因を掘り起こすと共に、具体的な挽回方法を提案していますので、是非とも参考にしていただければと思います。

はず初めに、手っ取り早く「株をやっても上手くいかない…」、「損失を出してしまう…」という悩みを解決したい場合には、ひとまずプロに相談してみることをお勧めします。急騰期待のある銘柄の推奨から、銘柄相談や株取引全般のアドバイスを“無料”で受けることも可能なので、損失を取り戻したいけど自分があれこれ頑張るのは苦手、という方にはお勧めです。

詳しくはこちらから

株で損失を出す原因は?

利確・損切ができない。

株で失敗して損失を出してしまう原因を簡潔に言えば『利確、損切りが適切にできない』ことにあります。実際に下記のような経験はないでしょうか?

『もう少し騰がるだろう』と思っていたら、下げに転じて利確のタイミングを逃した。

『下げたけどまたいつか騰がるだろう』と思っていたら、その後も下げ続け、気が付けば塩漬け状態。

多くの個人投資家が経験していることではないでしょうか。

まず、『もう少し騰がる』『またいつか騰がる』このように判断した根拠は一体どこにあったのでしょうか。銘柄の業績、チャートのテクニカル、判断材料は様々かもしれませんが、分析はあくまで、優位性があるだけの話で絶対ではありませんし、株価がどこまで騰がるか(下がるか)を的確に予測するのは非常に困難です。

予知能力者でもない限りまず不可能と言い切ってしまって良いでしょう。

更に言ってしまうと、『もう少し騰がる』『またいつか騰がる』といった考えは、そもそも分析等の根拠があるわけでなく、単なる希望的観測である場合が多いのではないでしょうか。『希望的観測』とは、「こうあってほしい」「こうなったらいいな」という自らの希望に影響されて判断を行うことです。

・自分だけは大丈夫

・自分が買った銘柄は上がるはず

・例え下がってもいつか上がるはず

このように根拠のない自信や希望的観測のもと、相場に取り組んでいる人も少なくありません。正直、こういう人は損失を生むべくして生んでいると言う他にありません。そもそも株は丁半博打ではないのですから、『この銘柄上がりそう』とか、なんとなくで購入するものではなく、チャートや業績、または材料性など、あらゆる要素を鑑みたうえで銘柄を選ぶべきです。

銘柄の選び方

また、どれだけ徹底して銘柄を選定したとしても、買った理由が1つでも崩れた場合には手放すのが吉。買った根拠が崩れたのにその銘柄を保有し続けるのであれば、そこからは『希望的観測』ということになります。売るべき時に売れずにいると、それは将来大きな含み益となる可能性があります。逆も然り、利益となる場合もありますが、株式投資においては極力リスクを回避する姿勢を忘れてはなりません。

適切に利確・損切をすることが大事。

相場や銘柄の分析が大切なのは勿論の話ですが、それ以上に重要なのは『利確・損切』を適切なタイミングで行うこと。売買ルールを定め、それに沿ってトレードを行うことが利益を生み出し続ける秘訣です。つまり、株での失敗で出した損失を取り戻すためには、マインドの改善が最優先と言えるでしょう。

株価が自身で設定した目標に達成したときは売り、自身で設定したロスカット基準値まで下げた時にはしっかりと損切りを行うことが大切です。ロスカットがいかに大切であるかは、『損切り(ロスカット)』の重要性を参考にしてください。

しかし、人は『欲』や『不安』に弱い生き物ですから、感情のコントロールが一番難しいとも言えます。その他、株の損失を取り戻すための条件を挙げればキリがありません、それらを1つ1つ論ったところで、改善・克服するのは相当に困難でしょう。

であれば、専門家やプロに頼るという考え方もあります。

単刀直入に申し上げれば、投資顧問業者の利用をお勧めします。

投資顧問業者とは?

簡潔に言えば、投資顧問業者とは、株式投資に関する助言やアドバイスをしてくれる専門業者になります。

相場のプロがパートナーとして投資活動を支えてくれたら心強いのではないでしょうか。投資がごく一般的である欧米では、投資顧問の存在も広く認知されていますが、投資後進国とも言える日本においては、まだあまり認知されていないのが実情です。

しかし近年、アベノミクスでの株高やNISA等の政策により、株式市場が注目されていることからも需要拡大が見込まれ、ネットを駆使した投資顧問業者が増加傾向にあります。

ネット特化型であるからこそ、情報のスピードも速く、無駄を省いたサービス提供を可能としており、無料で利用できる投資顧問会社もあるため、株で出した損失を取り戻す手段の一考として検討してみるべきでしょう。

投資顧問を利用するメリットとは??

投資顧問を利用する目的は、投資パフォーマンスの効率化にほかなりません。

プロの情報力と分析力により厳選された上昇期待値の高い銘柄の推奨、それに伴う適切な売買の助言(アドバイス)を得られます。

その他、投資に関する気になることは何でも相談できますし、特に経験が浅い初心者の方には安心でしょう。困った時やわからない事があった時、相談できる相手がいるといないとでは大違いです。熟練者においても、プロの見解やアドバイスを得ることで、改善点を見つけたり視野が広がったりと、更なる利益の効率化のきっかけとなるかもしれません。

無料で試せる投資顧問業者もあるため、コストを割くことなくサービスの質を確かめ利用するべきか判断すれば良いでしょう。

投資顧問を利用するデメリットは?

数多く存在する投資顧問業者のなかには、金商登録を行わず運営している違法業者や、詐欺業者も存在します。

パっと見はわからないため、金商登録の有無は必ずチェックするようにしましょう。

金商登録が無い業者の利用は絶対に差し控えましょう。違法業者や詐欺業者を利用すると、結果として損害を被る可能性が高く、最悪の場合にはお金を騙し取られることもあります。しかし、当サイトでお勧めの投資顧問会社を紹介するので安心してください。

お勧めしたい投資顧問会社。

VIP投資顧問

関東財務局長(金商)第2599号
一般社団法人 日本投資顧問業協会会員番号 第012-02571号

VIP投資顧問は弊社、株式会社PLUSSOが運営する投資顧問サイト。
2012年より運営しており会員登録件数は7万件超え、ネット特化型の投資顧問としては『老舗』と言っても過言ではありません。

直接面談や電話相談におけるタイムロスやトラブルを解決すべく、インターネットの特徴を最大限に活かしたオンラインサービス。無料サービスが充実しており、メールアドレスのみの会員登録で利用が可能です。また、プライバシーマークを取得している企業のため、個人情報の取り扱いも適切に行っています。

VIP投資顧問の強みは、日本テクニカルアナリスト協会の認定を受けたNTTA認定アナリストが多数在籍しているところでしょう。『精度重視』の銘柄選定・助言サポートを提供しているため、株での損失を取り戻すための手段として、まずは無料でご利用頂くことをお勧めします。

ご利用はこちらから