株で失敗しないための銘柄選び

株式投資は「安く買って高く売る」というのが鉄則であり、株価には上昇や下降のトレンドが存在するため、必ず上下しながら推移していくものです。この原則を前提とすれば、重要なのは『銘柄選び』以上に『売買のタイミング』という話になりますが、利益の効率化をはかるためには、上昇期待値の高い銘柄を選ぶことは重要です。

よって、株式投資で成功するためには、銘柄選びもかなり重要であると言えます。長期や短期といった投資スタンスにより、銘柄の選び方にも違いがあるため、それぞれのケースで『失敗しない銘柄選び』を紹介していきます。

長期投資での銘柄選び

長期投資を目的とするなら、ファンダメンタルズ分析を重視し、目先の上昇期待感よりも財務状況が良好でこの先も安定して業績を伸ばしていきそうな銘柄を選ぶのが良いでしょう。経営状態が健全で将来性・成長性にも期待できる企業の株であれば、その後も業績拡大を臨めますし株価の上昇にも期待が持てます。

銘柄選びには【決算書】を参考にしましょう。

更に、そのなかでも割安株を選ぶことが最良です。

割安株とは、企業の価値に対して株価が安い状態にある株のことで、【PER(株価収益率)】や【PBR(株価純資産倍率)】といった指標をもとに割安・割高であるかを探ることができます。

PER,PBR、ROEなどの指標を参考に割安株を探す

短期投資での銘柄選び

長期投資ではファンダメンタルズを重視するのに対し、短期投資では『売買のタイミング』が重要になるため、チャート形状から株価動向を探るテクニカル分析を重視します。

テクニカル分析について

また、物色が向かいそうな旬なテーマ株などは、短期急騰を起こす可能性を秘めているため、話題のテーマに目を向けてみるのも良いでしょう。例えば、AI関連銘柄に物色が向かっているようであれば、関連の出遅れ感のある銘柄を探してみるのも良いでしょう。

その上で、テクニカル面を重視して銘柄を選んだ方が良いのですが、おおまかには下記の条件に合致するものであればリスクを抑えることができます。

・出来高が徐々に増えている

 

・移動平均線や一目均衡表の雲を上抜けている

 

・上昇基調で節目を突破、もしくは突破しそう

短期売買はあえて値動きの荒い銘柄を選んで取り組むため、ハイリスク・ハイリターンの傾向が強いため、失敗しないためには損失を出さない取組をすることが大切です。値幅を取りたいがあまりに、下落中の銘柄の反転を狙ってエントリーをするようなリスクの高い行為はしない方が良いでしょう。値幅を欲張らず機械的なトレードに徹することをお勧めします。

また、エントリーした後は5%、10%下げた場合にはロスカットするなどの対応も重要になってきます。こうしたことからも、短期投資においては銘柄選び以上に『売買の判断』が重要であると言えます。しかし、チャートをみて適切な売買判断ができるようになるのも、そう簡単にはいかないでしょう。

銘柄を選ぶのが面倒な場合

結局のところ、株は9割が失敗して損失を出すといわれるほど難しい世界です。ファンダメンタルにしろテクニカルにしろ、分析を勉強して自ら銘柄を探すことが苦手な人もいます。でも株で儲けを出したいというのは都合が良いようにも思えるのですが、実際には、世界の経済にアンテナを張り、分析も必死に勉強したところで、その努力が実るとも言い切れません。

なので、そういう方のために【投資助言サービス】が存在します。

投資の初心者やどれだけ努力しても株で成功しないという人は、投資助言サービスを利用することでパフォーマンスの向上を図ることが可能になります。相場のプロが取り組み方や銘柄の推奨なども行ってくれるため、わからなければ相談して助言をえれば、本来なら株をやるうえで必要な努力もショートカットすることができます。

一部の限られた人たちだけに共有されている情報が満載

また、投資助言サービスを利用して提供される株情報というのは、利用している一部の人たちにしか共有されない情報であるため、そこに優位性が発生するとも考えられます。例えば、ヤフーファイナンスや株探といった株情報サイトはいくつも存在しますが、そうした媒体で配信される情報というのは、だれもが目にすることのできる情報、つまり“手あかがつきまくった情報”です。

ネットが発展しSNS等の利用が常である今の時代、情報は一気に拡散されるため、逆にはめ込みなどの目的で流されるデマ情報も多いです。例えば、株業界で著名な人物がSNSなどで株情報を頻繁に発信していたりしますが、ああいう情報が一番危険だと感じています。

それに比べ、投資助言サービスで発信される情報は、そのサービス内のみ配信されるため、希少性は高いと言えるため“手あかのついてない情報”と捉えることができます。実際に利用してみなければわからないでしょうし、無料で使えるのですから興味がある方は下記よりチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください