本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

相場のプロの協力を得て、株での損失を取り戻す。

質の良い投資情報サービスを利用する。

株で失った損失は、株で取り戻したいところですが、失敗の経験があれば再チャレンジするのもなかなか勇気のいることでしょう。

しかし、あなたの取組を支えてくれるパートナーがいたらどうでしょうか。しかも、それが相場のプロであったとしたら大変心強いはずです。

株式投資で大切なのは、銘柄の選定と売買のタイミングになります。長期的な運用で考えるのであれば、ファンダメンタル的に見て、健全な経営状況のもと、財務状況が良好で好業績な割安株を見つけることができれば、大抵はうまくいくと言って良いでしょう。

しかし、短期の値幅取りとなると非常に複雑化してきます。短期投資ではとりわけ売買のタイミングが重要となってきますし、いちはやい情報の入手も必要となります。情報精査と分析の精度のスピードと正確さが求められてきます。

そして、短期トレードという土俵のうえでは強敵が多く存在するのですから、自分にも強力な味方が必要なのは必然と言えるのではないでしょうか。そこで検討するべきが、投資顧問会社の利用となってきます。

投資顧問会社は、投資情報を専門的に収集・分析・提供することを生業としており、顧客の利益を第一に考えています。なかには無登録の違法業者や自社の利益優先で運営している会社などの例外も存在しますが、当サイトで紹介している投資顧問業者のようにある程度の長い期間運営が継続されているところをお勧めしたいです。

株で勝コツを身に着ける

投資顧問業者を利用することで得られるのは、単に銘柄の推奨や助言だけではありません。プロの指導のもと相場と触れ合うという経験まで手に入れる事ができます。所謂、相場の『コツ』や『経験則』というものも身についてくるのです。

例えば、同じ時期にゴルフを始めたAさんとBさんが居ます。Aさんは、『ゴルフ上達法』の本を読み、DVDを購入し1日2時間毎日独学で練習を重ねました。一方Bさんは、玉を打つ度にプロの先生にマンツーマンで指導してもらい、月に1回ほどプロの先生とラウンドする。

1年後、AさんとBさんのどちらが上達しているでしょうか?この答えは歴然、勿論Bさんです。「え?どうして!?」と思うかもしれませんが、その理由をここから説明していきます。そして、「今日」から考え方を改めて下さい。

株式投資では、お金の事を『玉』とも言いますが、ゴルフで打つ玉もお金と考えてみて下さい。無駄打ちは余りにも勿体ありません。プロならば、その玉を1番上手く、効率的に利用する方法を知ってます。林の中に入ってしまった玉の対処法、バンカーに入ってしまった玉の対処法、そして…ホールインワンの狙い方。株式投資に置き換えれば、まさに、「どうしたらこの危機を回避しつつ、どう最善の道を切り開けば良いのか?」その様な場面に多々出くわす事でしょう。

「独学」というのは、孤独な作業であり強い精神力・体力が必要な上に、外からの客観的な指摘が少ないがために、上達するまでに時間がかかります。ファンダメンタルやテクニカルといった分析術を1つマスターするにも相当骨が折れる作業です。そうした相場に勝てるだけの知識や分析力、情報力を身に着けるのに長い月日を要するのは当たり前であり、その長い期間の段階で、自身の投資資金がどんどん目減りしてしまい余力も失えば再起すらできません。

スポーツの世界であろうと株式の世界であろうと、『真似る』という言葉は『学ぶ』から派生したといわれるように、上達の近道はプロの真似をする事です。例に上げたBさんは、プロと一緒にラウンドする事によって、客観的に悪い部分を評価され、そして的確なアドバイスを受けることで練習せずとも不思議と上達してしまうのです。

ですから、今が株に失敗した状況でどうにか失った資金を取り戻すことを考えているなら、プロを味方につけて臨む方が得策であるということは、大いに納得いただけるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください