本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株はトレードするほど儲からない?株は買って放置が最強論

株で儲ける方法の1つとして、『買ってしばらく放置しておく』という方法が存在します。いわゆる“ガチホ最強説”です。

株は買って放置しておくのが良い

これはあくまで、財務状況や業績が良く、健全な企業体質を維持していけそうな銘柄において言えることなので、それなりの分析をおこなって銘柄を選ぶ必要はありますが、基本的なファンダメンタル分析が出来れば問題ないと考えて良いでしょう。銘柄の選び方がよくわからない!という方は下記の記事を参考にしてみてください。

銘柄選びには【決算書】を参考にしましょう。

株で失敗しないための銘柄選び

何故、買って放置が良いのか?

では、なぜ買ってしばらく放置しておく方が良いのか。それは、日頃からチャートばかり見ていることで、その値動きに翻弄されて余計な「決断」や「行動」を起こしてしまい、結果的に損失を出してしまうというケースが往々にしてあるからです。

買ったとたんに値を下げたので怖くなってすぐに手仕舞ってしまったり、多少上がったところで利益を逃してしまうかもしれないと早々に利確してしまったり、そうした行動をおこした後に、意に反した動きとなるのが相場の相場の常です。実際経験があるのではないでしょうか。

何においても気が短いことで損するというのはあらゆる場面においていえること。このことからも、投資は資金にも時間にも余裕を持って取り組むのが『吉』ということが言えるでしょうし、実際に日頃チャートを見たりはせず、中長期のスタンスで放置してるような人が株で儲けていたりします。

自分が将来的に騰がると見込んで買った銘柄なのですから、購入の直後に下落するようなことがあっても、短期的な値動きにとらわれず、もっと先の将来に期待してみましょう。のめりこむことで思考が狭くなり『木を見て森を見ず』の状態になってしまうのは投資の世界に限った話ではありませんね。

こうした失敗を繰り返している人は、そもそもトレードには向いてませんから殊更、短期投資ではなく長期投資として取り組んだ方が将来的にプラスになるのはないでしょうか。短期トレードでの値幅取りをやるには、それなりの技術が無ければ難しいということも併せて言っておきたいです。

時間という大切な財産を削ることになる

トレードだけで食べていく!!と覚悟を決めてる専業トレーダーであれば、ディスプレイに張り付いてどれだけの時間を割いても良いかもしれませんが。本業を持つ傍ら投資をしている人には難しいです。それでも、株をやってると仕事中相場が気になって仕方ないって人も多いはず。

そのような心理状況では本業である仕事もおろそかになってしまうのではないでしょうか。本業の傍らにトレードをしてるあまり、本業の仕事の効率を下げてしまうような状況を作るのは、総体的にみれば大きな損をしているとも考えられます。

日々しっかりと自分のやるべきを仕事を全うすることは大事です、それが株のトレードをするがあまりに疎外されてしまうようではどうしようもありません。トレードにのめり込んでしまったがあまりに、身を滅ぼしてしまう人は少なくありません。

短期取組は“投機”で長期取組は“投資”

何よりも本来、株式投資というのは、その企業の将来性にかけて資金を投じるものでありますから、投資という観点では長い目で見るのが当たり前なのです。短期的な値幅を狙っての取引は投資ではなく投資ではなく【投機】です。決して、短期売買を否定しているわけではありませんが、ギャンブル的な側面が強くなってしまうことは否めません。

短期売買はうまく行けば短期間で大きな利益を狙えますから魅力的ですが、その分成功する難易度も高いと認識しておくべきでしょう。トレードに執着して悪循環に飲み込まれたら最悪、信用取引で失敗して財産を失うどころか大きな借金を背負う人だっています。相場の値動きに翻弄されて失敗を繰り返すくらいなら、これは将来的に騰がるだろうと判断した銘柄を買って中長期的に放置しておいた方が、短期トレードにつぎ込む時間や労力といったコストを考えれば、断然に有益と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください