本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

移動平均線の乖離率だけでは売買の判断は難しい

移動平均乖離率とは

移動平均線分析において、移動平均線の傾き(方向)でトレンドを把握することが重要である一方、株価と移動平均線の乖離が大きくなる(離れ過ぎる)と、移動平均線に収束される方向に株価が動くことは、グランビルの8つの法則の中で、【買いシグナル④】移動平均線が下降している場合でも、株価が移動平均線と大きくかい離して下落した場合。と【売りシグナル⑧】移動平均線が上昇している場合でも、株価が移動平均線とかけ離れて大きく上昇した場合。で述べている通りとなります。

 

移動平均線は株価のトレンドを表す指標でありますが、移動平均線に対して株価が大きく乖離している状態は、株価が上下に行き過ぎた可能性を示すことから、将来的に株価は過大な乖離率が修正される方向に動きやすい。この修正運動を利用するための指標として開発されたのが、移動平均乖離率ということです。

乖離利率の計算式

「移動平均線乖離率(n 日)の算出方法」 
移動平均乖離率(n)(%)=(株価-n日移動平均)×100/n日移動平均

乖離率は百分比で表示され、株価が移動平均線の上位にある時は「プラス%」、下位ならば「マイナス%」と表示される。今の時代は、証券会社のトレードツールを利用すれば乖離率は表示できるので、この計算式を頭にいれてわざわざ自分で計算する必要はありません。

エンベロープ(移動平均乖離率バンド)

エンベロープとは、一般的な株価と移動平均線を描いたチャートに、移動平均線に対して上下に一定の乖離率を持った線を描いたバンド(帯域)を付加したものです。株価の動きは、移動平均線乖離率で前述したように、移動平均線に対して一定の乖離率のレンジ内で推移することが多いため、過去の傾向から想定されるバンドの両端付近を含めバンドを突破した水準をメドに、逆張り戦略の手法として活用されています。

エンベロープは、移動平均線に対する株価乖離率のバンドを視覚的に捉える面において優れている。特徴としては、ボックス圏での動きを含め、移動平均線の傾きの絶対値が小さい(トレンドが弱い)場合において、乖離率中心に相場を見て転換点を捉えやすいと言えるでしょう。

一方、エンベロープラインは移動平均線の動きと同じ幅で上下することから、移動平均線の傾きが大きい(トレンドが強い)場合や、トレンドの傾向が大きく変化する場合には、株価が移動平均の上昇(下降)に合わせて、エンベロープの上限(下限)ラインに張り付きながら、上値を切り上げたり下値を切り下げたりするケースも見受けられる。よって使用にあたっては、乖離率だけに注目するのではなくトレンドの強弱、変化も併せて分析することが必要となります。

乖離率だけで売買ポイントを探るのは難しい

乖離率は売買ポイントをおさえるシグナルとしては不確実なもので、どのくらいの乖離率になれば売買ポイントとして採用できるかがはっきりしません。20%なら十分値が高い位置にあり、マイナス20%なら売られ過ぎの位置にあると言えますが、十分高いと思って空売りをかけたものの、さらに株価が上げていき、思惑はずれで大きく損をする場合が稀にあります。

乖離率が異常な数字(±10%)を越えたと思ったときは、他のシグナルで補って判断するのが確実なやり方です。他のシグナルとは、具体的には以下の通りです。

・ローソク足(天井や底を知らせるシグナルが出現。)

・出来高(天井や底を打つ典型の出来高。)

・RSI(14日設定で80%以上、もしくは20%以下)

・ストキャスティクス(14日以上設定で、80%以上、20%以下。)

・サイコロジカル・ライン(12日設定で、75%以上、25%以下。)

これらのシグナルが出ていない場合、まだ上昇の余地がある認識しておきましょう。ただし、高値圏の場合は、株価が急激に方向転換する場合があるため、トレンドに異変が生じたと知ったときは、指値(売りたい値段)でゆっくりと処分するよりも、成り行きで売って対処することも、1つの戦略として頭にいれておきましょう。

乖離率だけに頼るべきではなく、RSI、ストキャスティクス、サイコロジカル・ラインなどを参考にし、判断の確度を高めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください