本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株で損をしない方法はあるのか?

株で損をしない方法はあるのか?

株で損をしない方法があるなら誰だって知りたいでしょうが、残念なことに『株で絶対に損をしない方法』などは存在しません。投資には必ずリスクが存在するということは、深く心に留めておかなければならない現実です。

ある程度のリスクを覚悟・許容することは、大失敗や大損失を回避することに繋がります。よって、株で損失を出さないよう取り組むことが、成功への近道にもなると考えられます。

ただ、勘違いしてはならないのは、どれだけ損失を出さぬよう取引をしたとしても、現実として損失は必ず訪れるため、株取引と向き合う大前提として、損失というリスクを覚悟し受け入れる気持ちが無ければなりません。この意識や精神土台が無いと、本来なら小さく抑えることができた損失を拡大させてしまう要因にもなります。

損失を覚悟することが大事

例えば、買った株が下がった場合に、本人はもともと騰がると思ってその株を買っているわけですから、『今下げていてもすぐに回復するだろう』と考えてしまいがちです。しかしどうでしょう、そうこうしてるうちに5%、10%・・・とみるみる値を下げていき、気が付いたら塩漬け状態となっていたなんて経験は誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。

人は心理的に、何かを得るよりも失うことを恐れる生き物ですから、このように買値からかなり下げてしまうと、更に損失を確定することは困難になります。下げた銘柄が値を戻すのはいつになるかわかりません、もしかしたら翌日には何か材料が出て急騰するかもしれませんし、何年も先かもしれませんし、そもそも二度と戻ってこない可能性だってあります。

それらの不確定要素を鑑み、塩漬け株になって資金拘束され機会損失を生んでしまうようであれば、いっそのこと早いうちに損失を確定させて次の取引に資金を回す方が可能性は広がります。ですから、買った銘柄が何%下げたらロスカットを行うなど、独自のルールを定めておくことが大切なのです。

損失を招かないための3つのポイント

また、損失を受け入れる精神は大事ですが、そもそも、損失招く可能性を徹底的に排除することも考えておきたいです。具体的には下記の3点には気を付けたいところです。

■下落中の銘柄は買わない
『落ちたナイフは拾うな』という相場格言がある通り、どこまで下がるか分からない銘柄に手を出すのは非常に危険です。トレンドには逆らわず、しっかり反発の動きを見せ上向きになるまで待つほうがリスクは軽減できます。

 

■急騰した株に飛び乗らない(イナゴ禁止)
人気化した急騰株に飛びつく人がいますが、そもそも騰がってしまった状況で飛び乗っても、その後はあげた分下げるリスクが大きいことを理解しておきましょう。勿論、そのまま更に値を伸ばしていく可能性もありますが、急騰株に飛び乗り失敗するパターンは往々にしてあることでしょう。

 

■適当に銘柄を買わない
これはあたりまえの話ですが、根拠なく銘柄を買ってはならないということです。何故、その銘柄を買ったのか、理由を明確にできないような銘柄で取り組むのはやめましょう。そして、買った理由が1つでも崩れた場合は、手仕舞いとするのが鉄則です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください