本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株を勉強して学んでも利益には繋がらない?

どんなに学んでも株の未来はわからない。

株をやっても上手くいかない人のなかには、株のことを学んで知識を増やそう!と勉強熱心な人もいるかと存じますが、残念なことにどれだけ猛勉強して株を学んだとしても、その苦労や労力は報われない可能性があります。つまり、直接的な儲けにつながるとは言えません。

勿論、株に関する知識は無いよりはあった方が良いですが、その知識が仇となってしまう場合もあります。経済の仕組みや世界の情勢等、株価に影響する要因は多岐に渡りますが、それらを完全に理解できていたとしても、結局のところ株の未来はどうなるかわからないというのが実情です。

分析術は意味がないの?

ファンダメンタルやテクニカルといった分析は、株価の未来を予測するためには重要な手段ではあります。しかしながら、これらの分析が出来ても負ける人は負けます。逆に言ってしまえば、それらが出来なくても勝てる人は勝てます。

長期投資においてはとりわけファンダメンタル分析が重視され、短期取引においてはテクニカル分析が重宝されます。いずれの分析も優位性を見出すことはできるでしょうが、予測はあくまで予測にすぎません。未来の株価が予測した通りになるかは別の話です。

株価の動向を探って予想するのは大切なことではありますが、それ以上に肝心なのは株価が予測した通りになった場合やならなかった時に、どういう行動を取れるかという点です。

株は買って売らなければ利益にも損失にもなりません、これは当然のことです。買った銘柄の株価が上昇していっても、利確しなければ実際の利益になりません。また、買った銘柄が下げ行ったとしても、売らなければ実際の損にはなりません。

株を学ぶよりは売買ルールの徹底

株価の動向などロス●ィルドやロック●ェラーといった世の中を操れるほどの世界の支配層だったり、魔法使いでもない限りは誰にもわからないこと。だからこそ、株価が上がったら●%で利確する、下げてしまったら●%でロスカットするといった目安やルールを作り徹底していくことが大切です。そして、それが出来なければ株で利益を出していくことは難しいです。

株取引において重要なのは『いつ買っていつ売るか』結局はそれだけなのです。このタイミングを間違えれば得られたはずの利益は得られなくなり、生じるはずの無かった損失を被る結果にもなります。どのような銘柄を手掛けるにしろ、繰り返しになりますが結局は「いつ買っていつ売るのか」という点が重要です。

上昇した株がどこまで騰がっていくのかはわからないことですし、下げる場合もどこまで下げていくかわかりません。それがどうやっても読むことが難しいから、機械的な売買ルールを設けることが大切なのです。

それでも株を学びたい!!

それでも株を学びたい、勉強したいと考えているのであれば、株の本を買ってきてシコシコ独学で学んだり、今はYOUTUBEなどにも株を学ぶための材料はたくさんあると思います。モチベーションされあれば、その方法でも十分株のことは学べます。

ですが、インプットばかりして知識を膨らませても、それをアウトプット(実践)しなければ身に付きません。であれば、いっそのこと「投資助言業者」の利用を検討してみるのも良いかと思います。助言業者は相場のプロ、ファンダ的なこともテクニカル的なことにも詳しいですし、わからないことがあれば質問して学ぶことも可能です。

株のセミナーなどに参加するのも、株を学ぶためには有益ではありますがコストが発生してきます。また、コストに見合う対価が得られるかはそのセミナー次第ですし、為になることもあれば全く為にならないこともあるでしょう。

その点、投資顧問には無料のサービスを提供しているところが多いため、コストを掛けずにとりあえず試すことができる、という利点があります。無料でプロのアナリストに相談したり、意見を仰ぐことができるのは大きな利点と言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください