本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株で成功するために損する仕組みと理由を知ろう

損する理由は“欲”にある。

株で損をする理由はズバリ『欲』にあります。他の誰でもなく『欲』を出してしまう自分自身が、株で損する仕組みを作ってしまっているという現実を知ることが、株で成功する秘訣でもあります。

では、『欲』とは一体どういうことなのか?損をしたくて株をやる人なんて皆無ですから、誰しもが【儲けたい】という『欲』を持っているのは当然のことです。ここで言っているのは、欲の出しすぎは禁物ということです。

例えば、買った銘柄が数%上昇したら、大抵の人が『もう少し騰がるんじゃないか?』と、株価の上昇が継続していくことに期待します。しかし、そこには特段の根拠はなく、単に“そうなれば良いな”という「欲」や「願望」でしかありません。

利確が出来なければ損切りもできない。

短期的な取組においては、テクニカル分析を用いて株価がどこまで上昇するかを予測する人もいますが、実際に株価がいくらまで上昇するかは分からないこと。『しっぽと頭はくれてやれ』という相場格言があるように、株価の天井や底なんて予測したところでわかりません。結果でしか分からないことです。

買った銘柄上昇した時に、欲を出さずに利確してしまえば大小問わずそれは確実に【利益】となります。しかし、それが出来ない人は株価が反転した際にも『もう一度上がって来るはず』という希望的観測にすがってしまうものです。

上昇に調整はつきものですから、一時下げても再度上昇していくケースは多々あります。しかし、下落を始めた株価がやがて買値まで下がってしまい、遂にはマイナス圏に突入してしまった…なんて経験をされている方も多いのではないでしょうか。利確をきっちり出来ない人が、損切に踏み切るのはもっと困難になるでしょう。

利確と損切を徹底しなければならない

含み益を含み損にしてしまうのは、株をやる上で最も愚かな行為と認識しておきましょう。このような状況に陥らないため、株価が上昇したら『欲』は出さず、ある程度満足できるところで必ず【利確】することが大事なのです。大きく勝とうとせず、小さく勝ちを積み上げることを意識しましょう。

2%程度の利益を積み重ねるのは簡単ですが、一度で10%の利益を出すのはなかなか難しいです。また、買った銘柄が思惑に反して下がった時には、損切を当たり前にできるようになる必要があります。

損失を確定したくないというのも一種の『欲』です。株をやる上で損切は絶対に避けては通れない現実であることを理解しておきましょう。

自分の定めたルールはしっかり守る。

どこで利確をする、どこで損切りするというのは事前に明確にしておくようにしましょう。その時の気分や感情で判断を行っていても良い結果には繋がりません。ですから、何%上がったら利確して、何%下げたら損切りするのかを決める必要があります。それが独自の売買ルールを設けるということであり、株をやる上で大切な作業になります。

これをやらずに、行き当たりばったりでトレードをしているようでは、相場の値動きに振り回され失敗するのが落ちです。株取引で大切なのは、欲を出さずに売買ルールを徹底すること。実のところ、トレードの知識やテクニックは然程重要な事ではありません。株価は上がるか下がるかの2通りしかありませんから、理屈としてはどんな素人がやったとしても50%の確率で勝つことが可能だからです。

肝心なのはその後、騰がると思って買った株が実際に騰がった時にどう行動するかです。株価が騰がっても利益を確定させなければ実際の利益にはなりませんから、そこでの判断が肝心。含み益があるうちに『欲』を出さずに利益を確定させそれを積みあげる。大きく勝とうとするのではまく、地道に結果を積み上げるという意識で株をやれば、良い結果が訪れるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください