本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

PER,PBR、ROEなどの指標を参考に割安株を探す

株取引の基本は“安く買って高く売ること”にあるため、本来の企業価値に比べて割安な株を買えば、勝率は上がると考えられます。そして、株価が「割安」か「割高」かを判断するのに役立つのが【PER】、【PBR】といった株価指標になります。

また、株価指標ではありませんが、企業収益性を示す指標としてROEというものも存在するので、こちらも最後にわかりやすく説明します。

PERとは?

PER(ピーイーアール)は“Price Earnings Ratio”の略で翻訳すると『株価収益率』になります。PERは、株価と会社の利益を比べて、株価が割安かどうかを判断する指標です。具体的には、株価が「1株当たり当期純利益」の何倍の水準にあるかを計算し、倍率が低ければ割安という判断になります。

PER=株価÷1株当たり当期純利益(予想)

基本的に、株価は先のことを見越して動くものなので、PERの計算で利用する「1株当たり当期純利益」は予想値を使います。1株当たりの予想当期純利益は四季報や決算短信を確認すればわかります。

株価が500円、1株当たり当期純利益の予想が30円の会社の場合、「500円÷50円=10」となるのでPERは10倍になります。

PERの意味を理解するのは簡単です。例えば、株価10万円で発行株式100株、当期予想純利益100万円という会社があるとします。この会社の株を1000万円(100000円×100株)で全て買い占めオーナーになったとすると、当期純利益が100万円得られることになります。

つまり、1000万円で買った会社の1年の当期純利益が100万円であれば、10年間で会社を買い占めるのに使った1000万円を回収できることになります。

PERとは、この「10年」のことであり、投資資金が何年分の当期純利益で回収できるのかを示しているのです。よって、PERが低ければ低いほど割安と言う判断がなされるという訳です。

PBRとは?

PERに並び株価指標として代表的なものがPBRです。PBRはPERに比べ扱いやすい指標であるため、是非活用してほしいです。

PBR(ピービーアール)は“Price Book-value Ratio”の略で翻訳すると「株価純資産倍率」になります。株価が1株当たりの純資産(残余財産)の何倍の水準にあるかを示しています。

PBR=株価÷1株当たり純資産

一般的には、PBRが1倍を割ると株価が割安だと判断されます。PBRが1倍を割るということは、株価が1株当たりの純資産より低い状態であることを示しているため、本来の価値よりも低い価格で買えることを意味します。

1株当たり純資産は、会社が解散したときに名目上、株主が受け取れる1株当たりの金額を表しているため、PBR1倍割れなら「会社が解散した場合に株主が受けとることができる金額の方が高い」と解釈すれば良いでしょう。

PERとPBRの違い

PERは、将来的な当期純利益の予想額と株価を比較して、株価の割高・割安を判断する指標である一方、PBRは現時点での企業価値と株価を比較して、株価が割高・割安を判断する指標となります。

もっと簡潔にわかりやすく言えば、PERは「未来」、PBRは「現状」を示している指標であるとという事。

利益の変動が大きい企業のPERは、年によって5倍になったり50倍になったりと大きなズレが生じて来ます。利益の額が小さくなると分母が小さくなるため、PERの倍率も高くなります。また、赤字になればPER自体が計算できないため、業績が安定している例年黒字計上の企業でないとPERによる適切な株価判断は難しいという問題もありるため、その場合にはPBRを利用して下値を探るといった方法もあります。

ROEとは?

ROEは、PER・PBRの株価指標とは異なり経営指標ですが株式投資でよく用いられる指標なので覚えておきましょう。

ROE(アールオーイー)は“Return On Equity”の略で翻訳すると「自己資本当期純利益率」になります。【自己資本利益率】と略されている場合もあります。

ROE=当期純利益÷自己資本×100

ROEは、株主の所有分である自己資本を元手に、どれくらいの利益を稼ぎ出すことができているか、を見るものです。企業の収益力を“利益の額”だけで判断しようとすると、規模の大きい会社の方が規模の小さい会社より収益力高いと判断されてしまうため、自己資本に対する当期純利益の割合を使って会社規模の違いに左右されることなく同じ物差しで収益力を測るのがROEということです。

基本的には、ROEが高ければ収益力の高い優良な企業、低ければ収益力の低い企業という判断になります。よって、ROEが高い方が将来の収益獲得能力が高く、企業価値向上の期待から株価上昇を見込めるという事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください