本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

初心者でもデイトレで成功することは可能

デイトレは短期の値幅取り

短期的な利益を狙う手法として『デイトレ』があります。デイトレは株価の上げ下げのポイントを付いてエントリーする、短期的な値幅取りです。好成績を上げている一部のデイトレーダーが、ブログやSNSを通して着実に資金を増やしていることを発信しているのをよく目にしますが、本当にトレードしてるのか定かではありませんし、あまり真に受けない方が良いでしょう。

それを見て、案外簡単に儲かりそうだと『自分もやってみたい』『自分にもできそうだ』と感じる人は少なくないと思いますが、実際には難しいもの。少しでも真剣にやったことがある人ならわかることですが、デイトレは精根が尽きるかなり過酷なレベルの労働といえます。

デイトレをやる上での心構え

デイトレとは短期取引ですから、利益を得るためにはあえて乱高下する銘柄で取組む必要があります。そうすると緊張を強いられたままモニターと何時間も睨めっこして、激しく動くチャートや売買状況に常に目を光らせていなければなりませんから、目は疲れますし神経もすり減らします。当たり前のことですが、自らの資金を投じているのですから適当にはできません。

また、トレードで失敗が重なったりすると余計に疲れがどっと押し寄せてきます。失敗すれば挽回するためにまた神経をすり減らすことになりますし、またそれがうまくいかずマイナスで終わったら…全く割に合わない過酷な労働であることをさらに認識することに。トレードに失敗する=時間と労力と資金を失うということです。

楽して稼いでるトレーダーなんていない

デイトレ成功しているごく一部のトレーダーは、常に勝ち続けるために人並み以上の集中力を持ち、売買感覚の冴えを磨き続け、賢明な努力をしているから成功しているのです。また、現在は成功しているトレーダーは少なくとも一度や二度は手痛い経験をしており、どん底から這い上がる過程で相場観を鍛え、方法論や戦術を身につけて来たのではないでしょうか。

結果は注ぎ込んだ労力に比例するとは一概に言えませんが、成功者が手にしている成果は努力の賜物でしょう。実際やってみればわかることですが、デイトレは思っている以上に過酷な労働です。初心者が見よう見まねで簡単に身につけることができるものではありません。しかし、初心者・初級者がデイトレで成功できないというわけではありません。

初心者でも勝率は5割

大半の個人投資家の株式売買とは一種の不労所得的なものを目的としたもので、将来や老後の対策やちょっとした小遣いを稼ぐためにやっているのが現実でしょう。勿論、企業が提供する配当や優待といったインカムゲインを目当てに株を買う人も存在しますが、大抵の人は本業以外で、ちょっとでも臨時収入を得たいと考えているのではないでしょうか。

しかし、本業の傍らで株の勉強をする時間を割くのは現実的にはなかなか難しく、株知識を身につけるにも限界があるでしょう。また、基本的には皆“できるだけ楽に稼げるようになりたい”甘い考えを持ってるでしょうから、仮に時間があったとしてもそこまで真剣に株の研究なんてしないかもしれません。

株は上がるか下がるかの2つに1つ、理論上では勝率5割りですし、あるポイントだけ押させていれば、初心者でも成功させることは可能となります。

デイトレにチャート分析は必須

そのために必須と言える技術が『チャート分析』になります。そして、デイトレのコツは10回取引したら8回以上は利益を上げること意識し、月10%の利益を上げることを目先の目標として目指してみましょう。

月10%というとちょっと漠然としているかもしれませんが、単純に投資額100万円なら月10万円、200万円なら月20万円ということになります。株式市場が空いているのは月に20日とすれば、100万円ならば1日平均5000円、200万円ならば一日平均1万円ということになります。

大きな売買益を常に積み上げているごく一部のトレーダーをプロのマラソン選手にたとえるなら、初心者・初級者はまずジョギングレベルになれば良いです。体力がなくて早く長く走ることができなくても、ゆっくりとマイペースでジョギングするだけでも気持ちが良いものです。短期的な株取引は明らかに生き残りをかけたゼロサムゲームですが、それでもジョギングと同様にマイペースで楽しく取引していくことを心がけましょう。

この先、テクニカル分析において為になる記事の更新を行っていくので、損失解消の一助として頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください