本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株価を先読み!出来高の仕組みと株価との関係

出来高とは

出来高(売買高)とは市場で売買が成立した株式数株式数を数値なので、市場が活況になればなるほど、出来高が増えることになります。よって、出来高は市場そのものや、個別の銘柄の人気を図るのバロメーターと受け止めておけば良いでしょう。

一般的には、出来高が増えれば株価が上昇し、売買高が減れば株価が下落します。熟練の個人投資家はこの出来高と株価の関係を参考にして銘柄選定している人も少なくありません。

出来高が増減する理由は

出来高が増加する理由は様々ですが、新製品や新サービスの展開、増資、証券会社等の格付けアップ、株式新聞や雑誌やネットでの推奨、新高値、ファンドの採用、トレンドやチャートの形態などいろいろあります。

逆に出来高が減少する理由として挙げられるのは、材料出尽くし、業績悪化、買い意欲減退の地合、安値更新などになります。しかし業績悪化や安値更新などで買い支えていたラインを割った場合、一時的に大きく出来高が増えるときがあります。

知りたいのはどのような出来高の増減が、株価の先読みに利用できるのかということです。

出来高のパターン

パターン1

最初に一番大きな出来高の波が来て、株価を持ち上げたあと、第2弾のやや少ない出来高の波が来ても、株価はさらに上げる。さらに少ない出来高の波で相場は上げて終了する。

パターン2

出来高を増やしつつ株高の波をひとつ、2つとつくり、出来高が猛烈に膨らんで、大きく上げて、相場を終了させてしまう。

パターン3

株価が急に下げていった後、底辺りで出来高が急増し、やがて株価は反発するものの、しばらく調整する。調整を終えた株価は出来高をともなって上げていく。

パターン4

株価が下げていく過程で、出来高が増えて戻るが、また下落を始め、底値で出来高が増えて反発を開始する。反発の力も限度があり、ここで調整し、やがて出来高が急増することで、底を確認し、以後上げていく。

パターン5

出来高を増やしつつ上げていった株価は、さらに出来高が増えるにもかかわらず、株価は上げず、やがて「だんご天井」状態で相場を終える。

パターン6

逆三尊の底で、一番底より二番底の方が出来高が増え、さらに三番底で出来高が増え、株価は抵抗線を超えて、さらに増えて株価を上げいく。

パターン7

相場が閑散としながらも、均衡を保っていた株価が、悪材料で暴落し、大きな出来高ができる。いったんは戻り歩調となるが、出来高は次第に減り、さらに上げる力がなく、さらに安値を探る動きのまま出来高は細っていく。

パターン8

非常に恐い形であるが、株価は下げトレンドで、節目節目に出来高が増えるが下落基調は変わらず、買い方が総崩れしていく泥沼下降トレンド。

上げる場合も下げる場合も、出来高が増えてくると要注意。出来高が増えてこそ大きな相場に育つのであり、出来高減少の状態では大きな上げは期待できない。

このように、出来高の分析は決して難しいものではありません。出来高を理解し、出来高と株価の動きにどのような関連性があるのかを知ることで、より洗練されたトレードを行えることになりますし、株での失敗や損失を防ぐ一手になります。

闇雲にトレードするのではなく、出来高のパターンを理解し、株価の先行きを読んで見てください。

出来高と株価の関係

テクニカル分析は株価そのものの分析(ロウソク足等)と、その他の市場分析に分けられますが、その他の市場分析とは『出来高分析』、『信用取引分析』、『騰落分析』などが含まれます。分析手法としては市場分析よりも、株価分析のほうが種類も豊富で論理的にも充実しています。

すなわち、株価分析がテクニカル分析の中心に位置していると考えられ、出来高分析はその周辺に位置づけられます。しかし、出来高分析は、株価分析がアプローチできない領域をカバーし、分析の精度を高めようとする点で重要となります。

株価分析とのその他の市場分析との違いは、分析対象が株価そのものであるかそれ以外の市場関連の数値化によるものかであり、信用取引分析や騰落分析などは株価分析と全く別次元のデータや指標を分析していることになります。

出来高分析も同様で、出来高と分析対象としているのが、一方で出来高と株価を融合させて指標を作るなど、株価ないし株価指標と合成することが可能であることが出来高分析の大きな特徴となります。出来高単一の指標だけでなく、株価と組み合わせることにより株価分析の精度を高めようという考え方です。

このように、出来高分析には株価分析の精度を上げる効果がありますが、株価分析と同様にもちろんダマシも存在します。それは出来高と株価を組み合わせても変わらない現実ではありますが、重要なことは出来高指標を使っていい時といけない時、使わなければならない時を理解したうえで、出来高単独、出来高と株価を組み合わせた指標を利用することです。

出来高が株価に先行する場合とそうでない場合

出来高は、下記のとおり、株価に先行するパターン、同時並行するパターン、遅行するパターンの3つがある。

①先行するパターン

株価が長期間にわたり下落したあと、上昇に転じる局面では直前に出来高が増加する。株価と出来高を組み合わせた指標はそのような場合、かなり前から指標がボトムアウトすることがある。
上昇トレンドのなかで株価が上昇すれば、出来高は減少する。上昇トレンドの高値圏で株価は前回の高値を抜けたが、出来高は前回の高値時の水準を超えずに減少したとすれば、株価は反落することが多い。

②同時並行するパターン

チャートパターンのブレイク時に出来高と株価は同時並行する。トライアングルを形成している時は出来高は徐々に減少する。しかし、トライアングルをブレイクする時、出来高は増加する。そのブレイクが本物であれば必ず出来高の増加を伴う。同時並行するケースでは、チャートパターンの確認指標として出来高を見るのである。

③遅行するケース

株価が上昇したがゆえに出来高が増えだす。株価が上昇し供給も増加してくるのである。反対に、株価が下落したがゆえに出来高が減少する。コスト割れになったので売りたい人が減った為である。

 

以上のように、株価と出来高の関係は様々です。それゆえ、なおのこと株価の局面と出来高の関係を理解することが、株で損失を出さないためにも必要なこととなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください