本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株の失敗は反省したところでお金は戻って来ない。


株で大失敗して巨額の損失を負う人は決して少なくはありません。通常、現物取引だけなら財産がマイナスまでめり込むことは、早々無いでしょうが、信用取引を行ったが故に、損失どころか借金まで抱えてしまった、というケースは珍しくはありません。

投資でも投機でもリスクはある

こうした点からも、少なからず投資にはギャンブルの側面があることはご理解いただけるかと思います。『投資』であろうが『投機』であろうが、損失を招く可能性がある以上はギャンブル的な側面はあります。つまり、リスクが存在しているということです。

そして、利益を出して続けている勝ち組の個人投資家というのは、ごく一握りの人達であるというのが実情ですから、市場に参加する大半の個人投資家がそのリスクを身を持って知ることになります。

株は自己責任の世界

夢見て甘い考えで資金を投じた結果、散在してしまったとしても、それは自己の責任ですから誰の責任でもありません。自身を悔いるしかありませんそし、それが相場の厳しい現実です。

株の失敗を反省したところで、失ったお金が返ってくるわけではありませんし、挽回を図るにも楽して損失を取り戻せるとは思わない方が良いでしょう。簡単に挽回できるものであるなら、ハナから失敗すらしていなかったかもしれません。

人に任せる手段もある

自力で失った資金の挽回を図るなら、マクロ経済から市場の研究、ファンダメンタルやテクニカルといった分析術の勉強を徹底し実践していく必要が少なくともあります。そもそもトレードの技術というのは、地道にコツコツと時間と労力をつぎ込みスキルアップさせていくものです。

昨日今日の知識や経験だけで、相場はどうにかなるものではありません。ただし、これは自力で挽回を図る場合の話であり、株にそれだけの労力をこれから注ぐのも現実的には困難でしょう。だから『出来ないことは人の任せる』という手段は残されていることはここで知っておいて欲しいです。

投資信託やファンド

例えば、人に任せるという観点では、投資信託といったファンドも1つです。ファンドにお金を預ければ運用してくれますし、確実ではありませんが年で数%といった利益を得らることも可能です。

ファンドの平均的な利率といえば、どれだけ良くても10%以下ではないでしょうか。1000万円あれば毎年100万、1億あれば毎年1000万ということです。こう考えれば大きな利益ですが、そもそもそんなに大きい資金は持ってないでしょうし、現在は株に失敗して散在してる状態かもしれません。

資金の無い人が取る行動

つまり、資金があまり無い状態からの挽回を図ることが強いられてる状況に置かれているはずです。であれば材料株などで短期的に大きな一撃を狙うという手段が頭に浮かんでることかとおもいます。

では、短期急騰するようなテーマ株や材料株はどう見つければ良いのか?大抵の人はこうした考えに行き着くはずです。そして、株系の掲示板や情報サイトに情報を見つけに行く、というのが大抵の負け組投資家の行動パターンではないでしょうか。

大口の養分にされるのが落ち

しかしながら、そういうところで見つけたり掴まされた情報というのは大抵アテになりません。そもそも、一般の投資家が他に出回っていない信頼性のある情報を入手するということはまず無理と言って良いでしょう。

株系の掲示板や媒体、SNSなどで何か情報を掴んだつもりになっても、実際には一般の個人投資家をカモにする仕手筋等の仕掛けである可能性が濃厚です。

であれば、どこを頼って何を信じれば良いのか?詳しくは下記のリンクへと進んで頂けばと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください