本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株取引では損失を受け入れないことが「損」になる!

株をやってる以上は、トレードがうまくなりたいと考えるのは当たり前のことですが、すべてのトレードで「儲けなければいけない」と考えているなら、それは大きな勘違いです。

失敗するトレーダーの傾向

上がると思った株が思惑に反して下がり始め、そのトレードが計画どおりにいってないことが明確なったとしても、値が戻るまで保持していようと考え、“いずれ必ず戻って来るだろう”と自らを無理やり納得させてしまった経験、あるのでは無いでしょうか。

ズバリ言うと、これが株で大失敗するトレーダーの傾向です。人は失うことを恐れる生き物ですから、ひとつのトレードで1円だって失いたくないと考えてしまいがち。だから損切りに踏み切るのが心理的にも難しいのはわかります。

更には、そのトレードがうまくいかなかったこと、失敗したことを認めたくないという心理も働きます。しかし、そもそもの話、すべてのトレードで勝率100%で儲けることができると考えること自体が大きな勘違いであり傲慢な考えてといえます。なので、全てのトレードで勝つなんてことは絶対に不可能であることをまずは認識する必要があります。

損失を受け入れないことこそが「損」

どんどん下がり続け、どんどん評価損が拡大している株を保有し続けるのは経済的に自滅的な行為といえます。まず、その株が永久に買値まで回復しないという可能性が現実にあります。下がった株価が再び回復してくる補償などどこにもありませんし、さらに下げ続けていく可能性を考えれば早めに損切をしてしまうほうがいいでしょう。

仮に、どうにか回復したとしても、含み損のある銘柄を持ち続けたことで資金が塩漬けになっていたわけですから、何日も、何週間も、何カ月も絶好のトレードのチャンスを逃して機械損失を生んでいます。結果として、本来のトレードの目的である売買利益を得られず、損得なしのゼロの状態にもどることだけになるので単なる時間の無駄になります。

このように、意地になって持ち続けることは、計画性のないトレードと規律の欠如のさいたる例といえます。そんなトレーダーはやがて大きな損失を生み出し、全資金を失うことにもなりかねません。損失を受けいれないことこそが「損」なのです。

株は丁半博打ではない

売ったらそのあとにすぐ値を戻すのでは?考えてしまう気持ちもわかりますし、そうなる可能性もあります。株は丁半博打ではありませんから、単なる希望的観測(こうなってくれたらいいな)ではなく、その株が反発すると信じるだけの十分な根拠があれば保有継続でもよいでしょう。

仮に、売った途端に株価が上昇しはじめることがあったとしても、悪いトレードに執着する習慣をつけてしまうよりはずっとよいでしょう。その先には、もっと、もっと、多くの値上がりしないケースに遭遇することになる可能性を認識しておく必要があります。

上がると思った銘柄が買った直後に下げることはよくあることですから、下げたらすぐに損切というわけではなく、何%下げたら損切を実行するというルールの設定が必要です。ただ、短期売買においては、損切ラインはタイト目にしておくほうがよいでしょう。

株の損失はいくらまで許容するべきなのか

損切が続いたらしばらく取引を休む

損失は受け入れるべきですが、はじめから「損切してもいいや」という気持ちで取り組むのはちょっと違います。真剣に情報収集や分析につとめ、材料もしっかり見極め適切なタイミングでエントリーすることが重要なのは当然です。

そのように、取組んだにもかかわらず損切が3回、4回と続いたら、適当にやったって結果は同じなのではないか?と自暴自棄になる方もいるかもしれません。しかし、ヤケになってルールを無視した無計画な取引に走るのは厳禁です。銘柄選びや買値設定など、取引方法に問題がなくても損切が続いてしまうケースがあるからです。

正しい方法で取引しているのに損切が続く要因は、ズバリ株式市場全体のムードや方向性にあるといえます。市場が長期間、上昇を重ねてくると上昇エネルギーが低下します。そうなると、個別銘柄の値動きにも大きく影響し、チャートの形がよく十分な材料があっても上昇が弱々しくなったり、上げても一瞬でその後はダラダラと下落してしまうことがあります。

そのような空気になると、大抵はその後に市場には大きな下落が待っています。なので、損切が2、3度続いたら「市場全体の買いエネルギーが低下」「暴落が近い」と推測し、しばらく取引を休んで様子見とすることも一考です。

休む期間は市場環境や動向にもよりますが、おおよそ1~2週間程度とすればいいでしょう。その間に、実際に暴落が訪れたり、暴落がなかったとしても調整が続き、その後には再び「買エネルギー」や「上昇エネルギー」が溜まってくることが考えられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください