本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株で損失を出さないために認識しておくべきこと。

テクニカル分析ですべての相場に対応できるわけではありませんが、短期的な取組においてはテクニカル分析の有用性は顕著となります。しかしながら、実際には相場の基礎もわからずチャートもテクニック指標も見ずに売買している投資家が多いため、株で損失を出す人が圧倒に多いのではないでしょうか。

テクニカル分析を覚えたからと言って、どこで買ってどこで売れば儲けられるかを正確に知ることなどできるわけではありませんから、必ず勝てるというわけではありません。それでも、チャートを見る限り、さまざまな指標に基づくテクニカルポイントでは、なんらかの力が働いていることがわかるため、売買の判断をするにあたってはやはり重要なスキルです。

チャートは端から見ていると勝手気ままでランダムな動きを見せているかのようでいて、テクニカル指標に従順な動きを繰り返すことが多いのは事実であり、それが相場というものです。

テクニカル分析は資産を「管理」するための武器

個人投資家は、やっかいな相場と日々対峙しなければなりませんし、刻々と変化する相場の動きに対して臨機応変に自分の資産管理を行わない限り、相場の中から利益を得ることは難しいでしょう。そして、臨機応変な資産管理に最低限必要なのが、テクニカル分析という武器になります。

もちろん、テクニカル指標の定義に基づいて相場の変化を素早く察知するには、それなりに時間が必要となります。それまでは、投資家は常に遅れた対応をとらなければならず、時には損失を被り、時にはわずかな利幅で満足しなければならないこともあるでしょう。

それでも、テクニカル分析という武器を持たずに相場に参加することに比べれば、はるかに安全で利益を掴めるチャンスがあることは間違いありません。この意味で、テクニカル分析とは「分析」だけに用いるものではなく、自分の資産運用を安全に「管理」するための武器と言えるかもしれません。

要するに、自分の大切なお金を安全なポジションに置いておくための手段。はたして、どれだけの個人投資家が運用資産の管理という観点から相場を考えることが出来ているのか。その数が極めて少ないことは、いつまで経っても無謀な売買で資産を失ってしまう投資家が後を絶たないことが物語っている現実なのではないでしょうか。

相場に逆らってはいけない

相場には上昇や下降といった局面があり、その局面に応じた売買が必要になります。いつも同じスタンスで対応できるものではありません。明らかに自分のポジションと相場の方向が違うのであれば、そのときは迷わずポジションを外すべきです。損失が出るのは仕方がないことで、その損失が出ても良いようなロット(投資資金量)と損失幅を決めるためにテクニカル指標を使うべきだと考えます。

本来、相場にはトレンドといわれる大きな流れがあります。その流れに沿ったポジションを持っていれば、利益はおのずと向こうからやって来るものです。利益を伸ばすためには、従来型の指値注文では対応できません。つまり、「逆指値」を考えなければならないのです。

結局、我々投資家にできることは、相場の定義やテクニカルポイントから現状を認識し、それに従ってポジションを管理することだけです。つまり、逆指値とテクニカル指標を使って相場に入り、ポジションを持てば必ずストップ・オーダーを入れて損失を迎え、利益を伸ばすことです。

相場が巧い人は、どのテクニカル指標をどのように使っても良いでしょう。しかし、そうでない人は、オシレーター系指標に幻惑されることなく、常にトレンド・フォロー型の指標を意識することが重要となってくるという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください