本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

株で損失を出す人の共通点、失敗する“16”の要因はこれだ!!

 

株で損失を出してしまうひとには共通点があります。それらの要因を今回の記事では挙げていきますので、これらを克服することができれば“勝てるトレーダー”へと変貌を遂げることができるかもしれません。

売買の判断と実際の行動が結びついてない。

※判断したこととは異なった行動をとってはいけません。相場の値動きは人の感情を揺さぶり翻弄してきます、こうだと自ら判断した通りに実行するようにしましょう。

分析の仕方が未熟等、正しい判断に至る過程に誤りがある。

※そもそもの判断が間違っていることも多い。投資において一番重要な要素はマインドと言われていますが、ある程度の分析スキルも重要なので勉強は必要です。

売買の目標を的確に設定できず、また設定しても変更して失敗したり、変更すべきときに変更しない。

※計画性のないトレードは厳禁、利確や損切の設定を明確にして取り組みましょう。当て勘で利益を出せるほど投資の世界は甘くありません。

情報の精査をせず不正確、不完全な情報を鵜呑みにしてしまう。

※人は自分が信じたい情報だけを信じる生き物です。どのような情報でも精査して確かめる努力はするようにしましょう。これらの作業を怠ると、仕手筋等が仕掛ける情報に騙されたりする結果になります。

個人的感情、考え方のゆがみなど、判断のもとになるものに偏りがある。

※ある種の癖なので克服するのは難しいかもしれませんが、物事を俯瞰で見る癖をつけ、常に内面をフラットにすることを心がけましょう。

傲慢、自信過剰、恐怖心、怠惰、臆病心などの感情が強い。

※トレードは感情的になったら負けです。感情はあらゆる判断を狂わせる要因となります、冷静さを保つことを心がけましょう。

なかなか判断できず、決定もできないので、売買のタイミングを逃してしまう。

※せっかくの含み益を利確できずに含み損にしてしまうなど、判断と決断と行動をしっかりしましょう。これを円滑に行うには独自の売買ルールを設けておくことが大切です。

自分の売買ルールが確立されていない(されてても守らない)。

※独自の売買ルールに沿った機械的な取組が、利益を生み出す最良の方法と言われています。これができないトレーダーはまず勝てないでしょう。

予想していなかった突発的な事態に適切に対処できない。

※相場では何が起きるかわかりません。想定外のことも時に降りかかってくるという前提を理解しておきましょう。

結果にあまりにも執着する。

※小さな損失を受けいられないと、大きな損失を生み出すことになります。総体的に見て勝てば良いのですから、小さな負けにこだわるのは止めましょう。

明らかな経験不足。

※なんでも最初はうまくは行かないもの、相場の世界も経験がものを言う世界です。地道に頑張りましょう。

投資資金不足。

※投資は資金あってこそです、資金がなければ何もできません。ですから、資金が不足しないよう「負けないこと」を最も重要視するべきです。保有株が塩漬けになり資金拘束されれれば大きな機会損失となります。

せっかく得た利益を無暗に投じてしまう。

※少し調子が良いと気持ちが大きくなり、大きく資金を投資してしまい1回の失敗で再起不能の状態になってしまうことがある。

ロスカット・ストップロスを設定していない。

※損失を受け入れ最小限にとどめるために損切は覚悟して取り組む。そして、設定したらそれは簡単には変えない、1度決めたことは変更しない。

トレードに逆らったトレードをしている。

※大きな流れに逆らえば怪我をするのが自然の摂理、トレンドが読めなければトレードするのもやめましょう。トレンドに乗って取り組みをする際にも、上昇トレンドでは長い目で、下降トレンドでは短い目でトレードしましょう。( 下降トレンドでの中期長期トレードは致命傷になり得る。)

計画していない焦った成り行き注文をしてしまう。

※急騰してる株に飛び乗ったり、狼狽売りしたり、計画性の無い行動は損失を生み出します。焦らず一旦冷静になりましょう。

 

これらの要因を克服できれば、あなたは優秀なトレーダーになれるのではないでしょうか。ですが、そんなことは億劫だ、もっと楽な方法はないのかな?と考えている人には、手っ取り早く投資顧問の利用をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください