本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

プロと競うな!個人投資家には中・小型株がおすすめ!

市場を形成する投資家の種類から読み解く

日本市場全体における投資家の割合を投資金額ベースでみると、「外国人投資家」が半数以上を占めており、残りの過半数は「個人投資家」や「機関投資家(ファンドや公的資金の運用機関)」という割合になります。

そして、数百億円、数兆円と大量の資金力を持つ外国人投資家や機関投資家がどういう株を買うかというと、それは主に大型株になります。その理由は、株式の大量保有には時価総額の5%を超える株主を公表する「5%ルール」という報告義務にあります。

例えば、時価総額が100億円程度の企業の株を5億円以上保有したら、それだけで5%を過ぎてしまいます。機関投資家や外国人投資家からすれば、どんなに成長性が望める企業であっても、自分の手の内を明かすことは得策ではないため、機関投時価総額が小さい株よりも、数百億円以上ある大型株を好むというのは容易に想像できることではないでしょうか。

個人投資家には中・小型株がおすすめ

つまり、中・小型株を手掛けていれば、機関投資家や外国人投資家と同じ土俵で競わないで済むということになります。また外国人投資家も、時価総額が大きく国際的にもメジャーな銘柄を好む傾向があるため、あえて中・小型株へのは個人投資家の独壇場といっても過言ではありません。

中・小型株の注意点

個人投資家は中・小型株の取り組みがベストですが、逆に注意点も存在します。時価総額があまり大きくないということは、大量の資金が流入することで大きく株価が動いたりもするということ。

大型株であればちょっとやそっとの資金では株価に影響はできませんが、小型株において数千万、数億円という資金があれば株価を操作することが可能であると言えます。

つまり、時価総額が小さい小型株は、特に仕手筋のターゲットになりやすいということです。

急騰した銘柄には飛び乗らない

中・小型株での取り組みをメインにしていると、大きく価格が動く銘柄が目に入ってくるのは仕方ありません。急騰している銘柄は魅力的であるため、飛びつきたくなる心理もわかりますがそれは純粋な急騰ではなく前述したように仕手筋等がしかけている急騰かもしれません。

株で失敗したくなければ、できる限りのリスクを取らないことです。もちろん、利益を得るためにもリスクを排除しすぎるのも傷ですが、急騰した銘柄に飛び乗るなど、冷静さを欠いた取り組みはしないように心がけておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください