本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

今更だけど知っておきたい“株価指数”の特色

「株価指数」とは

株式市場の状況をあらわすためにあるのが株価指数です。日本株市場にも様々な指標が存在していて、どのような銘柄を包括し、どう算出するかで示す内容も異なります。指数が上昇すれば、その指数に包括されている銘柄を含む市場全体が好調ということになります。

株式指数は、銘柄の選別をおこなう際にも役立つ参考材料となります。それぞれの指数・市場の違いを意識することで市場の状態を判断することができるため、それぞれの指数や市場の特色について説明します。

日経平均株価(日経225)

言わずと知れた「日経平均」、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つで、投資にまったく関心のない人でも知っているほど有名な指標です。

日経平均株価は、東証一部に上場している銘柄のなかから、日本経済新聞社が選定した225銘柄の平均値を示しているのですが、なかなかややこしい算出方法で平均値を出しています。株価合計を225で割って算出という単純なものではありません。

日経225に採用されている銘柄が、「株式分割」を行った場合、時価総額は変わらなくとも株の数は増えるため、時価総額÷株数で株価も下がります。仮に、2分の1(1:2)の株式分割をしたら、その銘柄の株価は半分になります。すると、日経平均株価も下がってしまうことになります。

そうならないよう、「除数」や「みなし額面」という変数を使って算出します。これを掘り下げるとかなりややこしくなっていくので割愛しますが、株式分割で指標が狂わないように、比率をかけ算して調整した数字ということです。

日経平均株価においてあげられる問題点は、株価の高い銘柄の影響力が大きく、安い株の影響は小さいということです。例えば、「ソフトバンク」や「ファナック」などの値がさ株が10%動くと、日経平均株価も1000円ほど動いてしまうこともあります。

なお、日経255では、市場流動性や業種などのバランスを見ながら、年に一度(毎年9月)銘柄の見直しと入れ替えを行っています。

東証株価指数(TOPIX)

東証一部の全銘柄を時価総額加重平均によって算出する指数が「東証株価指数(TOPIX)。時価総額が大きな銘柄は大きな比率、小さな銘柄は小さな比率を掛けて調整を行い算出します。そのため、日経平均とおなじく大型株に影響を受けやすいという特色がありますが、日経平均よりも銘柄数が多いため、日本市場の株価全体を示すには適しています。

TOPIXについて特筆するべきポイントは、ほとんどの機関投資家がTOPIXに連動する商品(ファンド)を設けている点です。東証一部に市場変更した銘柄は、自動的にTOPIXに銘柄が組み込まれることになりますし、ある銘柄が上場廃止になると、随時、新たな銘柄が加わります。

つまり、TOPIXで銘柄の入れ替えが起こると機関投資家が自動的に買い、株価も動くということになります。新規上場した銘柄は、翌月末の終値でTOPIXの構成銘柄になるため、このタイミングをしっかりとおさえておくと良いでしょう。。

JPX(日本取引所)日経400

日経225と東証TOPIXの2つを重ね合わせた指数として、2014年から開始されたのがJPX日経400です。400銘柄を、適正基準や流動性基準のスクリーニング、定性的・定量面によるスコアリングによって選定しています。

適正基準

・上場後3年未満
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・整理銘柄等に該当

市場流動性指標

・直近3年間の売買代金
・選定基準日時点における時価総額

定量的なスコアリング

・3年間の営業利益の合計(40%)
・ROE(株主資本利益率)3年間平均(40%)
・時価総額(20%)

定性的な要素

・独立した2人以上の社外取締役の選任
・IFRS採用
・決算情報英文資料のTDnetを通じた開示

これらの選定基準のもと、上位400銘柄が選定されますが、固定ではなく毎年8月に銘柄の入れ替えが行われ、1割弱が入れ替わります。業績悪化により赤字を出した企業は抜け、赤字回復したらまた戻ってくることになります。

また、過去3年間の利益やROEが定量的判断基準に含まれているため、上場3年未満の企業はJPX日経400には含まれていません。そこで、現在上場3年未満の大きい銘柄は、上場3年後に必ず組み込まれることになります。それにより、押し出され除外となる銘柄も出てきます。

機関投資家はJPX日経400の銘柄を好む傾向があります。世界最大の公的資金GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用資金137兆円の一部も、このJPX日経400に投資されています。また、日銀もETF(上場投信)を年に6兆円を上限に買っていますが、その対象も日経255、東証TOPIX、そしてこのJPX日経400です。

つまり、大型のファンドの資金が流れ込んでいるので、この指数に組み込まれている銘柄を判断するには、ファンドの動きを熟知することが重要といえます。400銘柄のうち、低位株、低PER株、低PBR株、高配当株、高ROE株、時価総額上昇率などから、値上がりが期待されそうな銘柄を探しておくのもよいでしょう。

東証二部株価指数

東証二部の全銘柄を時価総額加重型で算出したものが東証二部株価指数です。特徴としては一部への指定替えの指示がないため、古い中・小型株が多く、個人投資家の参加が多い市場になります。

また、新興市場銘柄が東証一部へ市場変更するには、JASDAQからは時価総額が250億円以上という基準がありますが、二部から一部へ指定替えの基準は時価総額40億でOKになっているため、東証一部昇格を目指す新興市場銘柄の1ステップとなっています。

JASDAQやマザーズ市場へ上場した銘柄が一度、東証二部に上場してから一部へ出世していくケースが増えていることもあり、「出世魚銘柄」も多い市場といえるでしょう。

東証マザーズ指数

東証マザーズ指数も、マザーズ市場を構成する全銘柄を時価総額加重平均型株価指数で算出しています。マザーズの特筆すべき特徴は、赤字会社でも上場できる点です。新興銘柄には急成長中の銘柄が多く、人工知能関連やバイオ関連、ソーシャル・スマホゲーム関連といったテーマ性のある銘柄が目立ちます。

また、大きな企業であっても新興の銘柄であればこの市場を選ぶので、夢の大きな銘柄が多く非常に新しい分野の業界・業種に影響されやすい指数といえるでしょう。また、マザーズには「10年まで」という新興市場独特のルールがあるため、ステップアップして上がっていく「出世魚銘柄」が多いとされています。

東証JASDAQ指数

JASDAQ上場銘柄全てを対象として浮動株ベースの時価総額加重型で算出される指数です。基準日(1991年10月28日)の基準値を100として指数化したものです。

JASDAQは、かつては「店頭株式」といわれ上場基準も違っていましたが、市場の統合により東証に組み込まれました。マザーズのように10年の期限がないため、さまざまな銘柄が含まれており、東証二部同様に古い銘柄も多いのが特色です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください