⇒⇒⇒注目の銘柄情報を入手

“天才相場師”から株取引の教訓を学ぶ

伝説の投機家

世界的に著名な投資家というと、みなさんがパっと思い浮かべるのは『ウォーレン・バフェット』や『ジョージ・ソロス』、『ジム・ロジャーズ』になるでしょうが、投機家として著名な人物も存在します。

“ウォール街のグレートベア”の異名を持つ「ジェシー・リバモア(1877年7月26日-1940年11月28日)」という天才相場師はご存知でしょうか。

リバモアは世界恐慌の引き金となった1929年9月4日の暗黒の木曜日に向けた空売りをおこない、1億ドル以上の利益を出したことで有名です。当時の1億ドルは現在の約4000億円という試算になりますから、かなり膨大な利益です。

リバモアは、株取引における重要なファクターは、①タイミング、②資金管理、③感情の抑制の3点である強調し、それぞれにルールを定めていました。その、天才相場師リバモアが設けたルールについていくつか抜粋しました。

至極当然なものも含まれていますが、リバモアの英知を学び取り組みの参考としてみてください。

タイミングに関するルール

・投資資金の10%以上の損失を出してはならない。

・巨大な利益は「座して待つ」。
(※常に挑んでいくのではなく、じっくりと機械を伺うということ。)

・トレードはしばしば休みを取り、相場から完全に離れる機会をもつ。

・トレンドを確認し、トレンドには逆らってはならない。

・間違った行動をおこした際は、すぐに過ちを止め軌道修正すること。

・「買い」に入るのに高すぎるということはないし、「空売り」するのに安すぎるということはない。

・相場がボックス圏で横ばいに推移してるとき、先行きを予測(上放れした放れ)しようとするのは間違い。現実の動きを確認してから動く。

・株価を動かす要因が何か、答えをみつけようとするのは愚かである。その詳細はたいがい後になって明らかになるだけである。

・相場は上がるか下がるか、横ばいのいずれか。上昇局面、下落局面、いずれも利益をあげることが可能であるが、相場が横ばいになり方向の見定めに迷ったら休むこと。

・当日の高値が前日の高値よりも高く、その一方で終値が前日の安値より低い場合、また当日の商いが前日の商いより多い場合、要注意である。

・株価の急激な下落に直面した場合、急落直後に反騰しなければさらに値下がりする可能性が極めて高い。

・相場は将来の状況をにらみながら変動している。その時点での状況はすでに株価に織り込まれているのが普通。

・「売り」か「買い」かのタイミングとして重要なのは基本的な動きが始まった時点、すなわち「ピボタル・ポイント(潮目の変わった地点)」である。このトレンド変更ポイントをうまくとらえれば、多大な利益が生まれる。

・「ピボタル・ポイント」は二つに分けられる。

 

①「リバーサル・ピボタル・ポイント」

基本的な相場の動き、ベーシック・トレンドの変化が始まる完全な心理的ポイントである。ただしこれが長期的トレンドの底に位置するかは問題ではない。

 

②「コンティニュエーション・ピボタル・ポイント」

リバーサル・ピボタル・ポイントを追認するポイントである。いずれの「ピボタル・ポイント」もしばしば、商いの大幅増とともに実現されるので留意する必要がある。

・強気相場の終盤になると、恐ろしいほど値を上げる株があるので、ギリギリまで保有し続けること。波に乗った銘柄は、株価収益率が30倍、40倍、50倍、60倍でも売ることができる。こうした人気株も波に乗る以前は、拍子抜けするほど安い価格だったということも珍しくない。

・特段これといった材料や理由もなく、単に「人気株」というだけで棒上げしていく銘柄には注意する。

・「高値更新」はタイミング指標として極めて重要。高値が更新されるということは、その株の限界需給バランスが崩れ最小抵抗ラインが勢いよく上昇していることを意味する場合が多い。しかし多くの人々は、高値を更新した時点で売却し、安い銘柄を物色しはじめる。

・「同一業種の株価連動」もタイミング指標としては重要。株価は単独では動かない。同業種においての好材料もしくは悪材料は、業種全体に影響を及ぼすと見られるからである。

・業種の中で、主力なる銘柄を選ぶこと。

・強気相場になると多くの銘柄が上昇傾向を示すが、取引の対象を選ぶさいには相場を牽引する銘柄を選ぶ。また、そのような銘柄がつまづいたり、高値を更新しなくなった場合、トレンドが変わるシグナルと受けとるのがよい。

・値動きを追う場合、それぞれの商い日の主要銘柄に限る必要がある。また、各業種の主力株を対象とした取引で利益が得られない場合、その時期のマーケットから利益は得らえないと見た方がよい。

・株価が思惑と逆の方向に動き出したらどこで清算するか、明確なルールを決めておく。そして、このルールに厳密に従うこと。

・最初は小口の取引から始め、その結果を見てから本格的な勝負に出る。いくら判断が正しいと思っても、一気に資金を投入するのは間違いである。最も可能性の高い取引に資金を集中させる。

・予想外の出来事に遭遇したら、即座に反応すること。予期せぬ幸運なら間髪入れずその事実を得るべきだし、悪い出来事であれば、即座に撤退する。決して躊躇してはならない。

・長期に及ぶ上昇トレンドの後、大商いが出現し相場が沸き返る事態となったら要警戒。これは従来のトレンドが収束する間際にしばしば起こることあり、建て玉が強者(プロ)の手から弱者(素人)の手へと移動していることを意味する。一般の個人投資家はこの大商いを市場が活況な証拠と勘違いし、流れが大きく変わる節目として見ない。

資金管理に関するルール

・株価が思った方向と逆の方向に動いた場合どこで見限るか、明確な損切ポイントを事前に定めておく。10%以上のマイナスは抱え込むべきではない。

・信用取引の場合、追加の証拠金請求に応じてはならない。

・「評価益」を定期的に「現金」に転換する。得られた利益の何パーセントかを、現預金、債券、年金といった安全な資産に換える。現金は、過去、現在、未来、いつの時代にあっても「王様」であり、一部の現金をつねに取りおいておく必要がある。

・“時は金なり”は相場の世界では成り立たず、時間は時間であり、マネーはマネーであるため、ゆめゆめ急いではならない。ただ座っているだけのマネーも、時にチャンスにめぐりあい、多大な利益をもたらすことがある。忍耐、我慢、自制こそが投資で成功するカギである。

・相場の成功者で休みなく取引を続けた者はいない。“休むも相場”で投資した資金をすべて引き揚げ、休みをとるチャンスはいくらでもある。たとえば、市場の動向が定かではないときは、しばらく間をおき、確信をもてる状況きたら再度参入すればよい。先を急いではならない。

・チャンス到来と思っても全力投球せず、まずは全資金の20%を当て、2回、3回と20%ずつを投入し打診すること。その結果、自分の判断に間違いがないことが確認できたら、最後に残りの40%を投入する。株価の動きが思惑と逆の方向を向いた場合、それがどの時点であれ、すべて手仕舞いさせること。

・「負け」銘柄はすぐに切り捨てる。「勝ち」銘柄は、すべての要因が順風下にある限り、そのまま動きに任せる。

 

感情の制御に関するルール

・株取引において、感情を制御することが最も重要。

・期待や予想はしてはならない。相場から糸口、シグナル、ヒントを持ち、それを確認してから行動する。確認した後にだけ行動することが重要で、期待や予想は落とし穴と心得る。糸口の発現をじっと待つ辛抱強さがあれば、どう動くかを決める時間も十分もてる。

・株には人間と同じくそれぞれの「顔」をもっている。活力旺盛な株、慎重な株、激しい株、神経質な株、直接的な株、動きが遅い株、理論的な株、非論理的な株等、千差万別の生活をもつ。それぞれの銘柄に目を向け性格がのみ込めてくると、どんな状況下にどんな動きを示すか予想がつくことになる。

・根拠なく希望にすがって株取引をするのは「ギャンブル」意外の何ものでもない。希望はつねに貪欲さと一体になって、投資家の周囲を徘徊している。

・気持ちの浮き沈みに振り回されない。多大な儲けに酔って自信をもち過ぎるのも問題だが、損失をこうむり意気消沈し過ぎるのも感心しない。

・株式市場はいつの世も変わらず、変化するのは市場に出入りする顔ぶれだけ。新規参入者は、自分が参入する以前の相場を知らない。1970年の暴落も、1929年の大恐慌も、自らの金を賭して経験しなければ、知らないのと同じ。新参者にとっては初めての出来事でも、相場自体は周期的に動いている。

・自分なりに定めた売買ルールに忠実に従うこと。自分の性格に合った無理のない手法を考案し、やり方をコロコロ変えてはいけない。

・投資家の目的は長い期間をかけ手持ちの資金を安全・確実に増やすことではない。相場の上昇(あるいは下落)局面、に照準を合わせて投機を仕掛け利益を得ることである。

・すべての点で順調に推移するケースについては、その状態を維持すること。

・優れた相場師に共通する4つの条件。
①あるがままの事実を先入観なしに観察し、認める冷静な観察力がる。②明晰な記憶力-重要なできごとを正確に、客観的に記憶する明晰な記憶力がある。③数学のセンスがあり優れた計算能力がある。④独自の体験を活かし、過去の体験をうまく次の利益確保に生かしていける能力がある

・株取引で成功するためには感情の制御が大事。必要以上のものを求める貪欲を抑え、人間に理性的でない行動をとらせ、正常な判断力を失わせる感情の恐怖を抑え、つねに貪欲さと手を携え合理的思考を狂わせる希望を抑えること。

・学習、研究をしっかりおこない無知を警戒すること。株取引には、楽して稼げるといった印象があるため魅了的だが、愚かで安易な考えから相場に手を出せば簡単にすべてを失ってしまう。遊び半分ではなく、本腰を入れて取り組まなければならない。無知の対極にある知識は大きな力となる。

・相場を人間の手の内に入れることはできない。市場参加者の大部分が負けるようになっている。そのためここに示すルールはしばしば、人の本性に反する内容となっている。

・休みなく取引に関わってはいけない。生身の人間の精神状態や経済的観点からも、相場から離れるべき時期は少なからず存在する。

・株の売買は、相場の動きが自分の思惑と一致しない場合、最適な時期を待つべきである。両者の不一致を知りながら、自分の取引に合理的理由を見つけようとするのは間違い。

・株式にかかわる「耳打ち」を真に受けてはならない。「強気相場では株価が上昇し、弱気相場では株価が下落する」というのが絶対の真理と肝に銘じるべきである。

・投機ビジネスは一つの職業である。どの職業もそうであるように、その分野で成功を得ようと思うなら勤勉に働き努力を重ねる必要がある。

 

まとめ

リバモアが定めたこれらの①タイミング、②資金管理、③感情の抑制といったルールを取組の参考することで、これまでとは違う良い結果に結びつくかもしれません。上記のリバモアが定めたルールは全てではありませんので、世紀の相場師と呼ばれたリバモアをもっと学びたいという人には、こちらの書籍をおすすめしておきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください