本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

誰でも知ることができる情報に触れても株では勝てない

ネットが普及した昨今では、株の情報を得るため大半の人がインターネットを活用しているでしょう。ネットは情報の速度が早いため便利ですが、ネット上に流れている無料の情報は誰でも知ることができます。ここで1つ重大なことに気づかなければなりません。

誰でも知ることができる情報にいくら触れたところで、人との差は生まれないということです。本気で株で利益を上げたいとかんがえているような人は、人に会ったり、投資セミナーなどに通って何かしら人とは違う知識を身につけたり情報を入手しています。

この媒体で発信していることも、誰もが見ることのできる情報です。実際に、このサイトを見てるあなたもネットで株のことを調べて検索を掛けここに辿りついていたり、何か情報を入手しようとブログランキング等を見てて辿りついてるはずです。

ここで発信してる内容は、直接の儲けとつながる銘柄情報というよりは、株の取り組みにおける対策やスキルという情報発信に比重を置いてるため、株への知識や見識を深めようとする人が訪れてる傾向が強く“教科書”的なニュアンスが強いです。

なので、株のことを学びたい人にとっては無意味ではありませんが、こうした株の教科書的なサイトは他にも無数に存在しているため、ここにある情報というのは特段“希少性”のある情報でもありません。

この媒体がそうした他サイトと違う点何か挙げるとすれば、公に出回ることのないレアな銘柄情報や情報提供を行っている投資助言サービスを紹介しているくらいではないでしょうか。こうしたのも気づかない人はスルーですし、それはどれだけの情報を集めようとしてるか個人のアンテナの感度にもよります。

価値のある情報というのは、誰もが手につかめるところにはおいてありません。ちょっと検索して拾えるような情報や、たまたま何かの拍子にリンクで行き着いたところにある情報には、人との差をつけるような価値ではないことは上述したとおりです。

価値のある情報というのは、本当に知ろうとする人が少し奥まで手をばさなきゃつかめないところにあります。つまり人と差をつける情報を手にするには、そのひと手間が必要になるということです。周りと同じでは駄目なのです。

そのひと手間を惜しんで、大勢の人と同じ情報のなかで泳ぎ続けるか、手間をおしまず希少性のある情報を手に入れにいくか、それはひとそれぞれです。しかし、本気で株で儲けたいと考えているなら、取るべき行動は言わずとも明らかでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください