本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

【必見】あ!っとおどろく“塩漬け株の解消法”

 

塩漬けカブはさっさと売ってしまいましょう

上がるとおもって買った銘柄がジワジワと値を下げ、ロスカットにも踏み切れずに塩漬け状態になってしまうのはよくある話です。しかし、その塩漬け株、塩漬けにしておいてもいつ食べ頃になるかわかりませんし、待ってる時間が勿体ないのでさっさと売ってしまいましょう。

そもそも、短期目線で買ったのに株価が下がっても損切ができず、そのまま保有継続で「よし!じゃあ長期目線に変更しよう!!」なんて調子の良いことをやっていたら、投資家としてはいつまでたっても成長できません。

2018年11月現在、年末株高に期待はしているものの、2018年10月からは日経平均が下落トレンドの様相を呈してきているため、今現在下がっている株価が再び回復するという展開は難しい状況になっているかもしれません。

ですから、失敗は失敗として受け入れ損失を確定させてしまいましょう。『じゃあ損した分はどうするんだ!』という声が聞こえてきそうですが、もちろん損した分は次の取り組みで取り返すことを考えましょう。

そもそも塩漬け株を作ってしまう原因は?

たとえば、100万円で買って現在50万円になった株を売ったら50万円の損失です。50万円の損失は正直大きいため損失を確定させるのは勇気がいりますが、そこまで含み益が拡大するまで保有し続けた自分に責任があります。

なにより、この先はもっと下がるかもしれません。今損失の確定に踏み切れば少なくとも50万円が手元に戻ってきます。その50万円で次の取組に進んで損失の解消を図る方が有意義ではないでしょうか。しかし、次の取組みに進む前に大事なことがあります。

そもそも、塩漬け株を作ってしまった原因はなんでしょうか?「銘柄の選別が悪かった」、「ロスカットができない」、さまざまな要因があるとおもいますが、一言でいってしまえば「トレードが下手クソだから」です。

下手クソなら、次の取り組みに進んだところでまた失敗するのは火を見るよりも明らかなのかもしれませんが、どの銘柄をどこで買ってどこで売る、というアドバイスを貰えるとしたらどうでしょうか。

利確も損切もできない人はわりと多い

ちなみに、ロスカットができない人には「利確もできない」という傾向もあります。逆も然りです。そういう人はいつまでたっても株で利益を出していくことは難しいでしょう。「株は心理戦」といわれる所以はここにあります。

株は“自己の売買ルールを定め、機械的なトレードをした方が良い”とよくいわれますが、これは本当です。ただ、それができないから塩漬け株を生んでしまうわけで、「この銘柄を今買うのが(売るのが)良いですよ」とアドバイスがあったら違ってきませんか?

もちろん、最終的な判断は自分自身で行うことですが、一人で取組み悩んでいるよりはずっといいのではないでしょうか。そこで、おすすめしたいのが投資顧問会社の利用です。

 

成功のための第一歩

投資顧問というワードはもしかしたらあまり良いイメージはないかもしれません。違法営業を行う悪質な詐欺業者なども多い業界であることは事実です。しかし、なかには顧客に利益をもたらすことを真剣に考え、日々相場の分析や研究に努めている投資顧問もあります。

まず、投資顧問会社を利用するうえで注意するべきなのは、金商登録をしているかです。また、実際には高パフォーマンスを提供している投資顧問会社であっても、競合他社による悪質な捏造口コミ、逆ステマ、ディスインフォメーション等の手法によりネット上の情報は汚染されています。

つまり、良いものは「悪い」とされ、悪いものが「良い」とされる、何が本当なのかわからない混沌とした状況になっています。なので、投資顧問会社の良し悪しは実際に利用してみないとわからないというのが実情です。

メールアドレスさえあれば無料で利用登録ができ、合わなければ利用停止もすぐできます。コストを掛けずに利用できるサービスもあるのですから、株で成功するための一環として、試しに利用してみることを検討してみてください。

Pマークも取得しているので、個人情報の漏洩もありません⇒詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください