本気で株の損失を取り戻したい方はこちら

フォーメーション分析を熟知してチャートパターンを読む!

株価が上昇・下降の継続的なトレンドを形成すると、その後の動きは2パターンにわけられます。1つは、ボトムやトップに現れる反転パターンとされるリバーサルフォーメーション。もう1つは、トレンドの中段持ち合いに現れるコンティニュエーションフォーメーション(保ち合い)です。

リバーサルフォーメーション

リバーサルフォーメーションは5つに分類されており、ヘッドアンドショルダーズ(トリプルフォーメーション、三尊)、ダブルフォーメーション、ソーサーフォーメーション、ラインフォーメーション、スパイクフォーメーションが存在します。

ヘッドアンドショルダーズフォーメーション

ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)

下降トレンドが継続されているときに出現するのがヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)であり、それが上記のチャートです。下落するトレンドがA点でボトムをつけて反転し、下降レジスタンスライン(上値抵抗線)のB点まで上昇したとします。

次にB点から再び下降に転じて、前回安値のA点を下回り下降レジスタンスライン(1)に対して並行な下降チャネルライン(2)のボトムに向かって下落します。ところが、この安値に到達する前に反発して、下降レジスタンスライン(1)を上抜けてD点まで上昇しています。

この下降レジスタンスラインを突破したことで、トレンド転換の可能性が出てきますが、B点と同じ水準であるD点で上値がおさえられて、再び下値を試す展開となりE点まで下落します。この段階で考えられるのは次の3つのパターンです。

①C点を再び下回って安値を更新する。
②C点と並んだ安値をつけてダブルボトムを形成する。
③下降レジスタンスライン(1)を下回らずに安値がA点と同じ価格レベルに止まるか、まだ判別がつかない。

③のパターンのように、A点と同じレベルの価格で止まって反発に転じ、B点とD点を結ぶ「ネックライン」をブレイクアップ(上抜け)してF点まで上昇すると、ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)のフォーメーションが完成することになります。

それから、このF点からネックラインとなるG点までの下落は「リターンムーブ」という揺り戻しの動きが生じて、そこから反発して上昇していくというパターンになります。

ヘッドアンドショルダーズトップ(三尊天井)

次に、ヘッドアンドショルダーズトップ(三尊天井)です。これは上述したヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)の逆になります。

継続してきた上昇トレンドがA点で最初の高値をつけ、B点まで下落します。そして、反発してC点に向かって上昇しA点の高値を更新しますが、(1)の上昇トレンド(下値支持線)に対する並行チャネルライン(2)に届かず反落に転じて、(1)の上昇トレンドラインを下抜けてD点まで落下します(このD点の安値は、B点と同じ水準の場合か、やや上回った水準にあることが多い)。

D点からE点までの戻りも、A点とほぼ同じ水準に止まり(A点よりやや低いのが理想)、上昇サポートライン(1)を上回らず、B点とD点を結ぶネックラインを割れ込みF点まで下落すると、ヘッドアンドショルダーズトップが完成となります。

F点からG点までの「リターンムーブ」もB点とD点を結ぶネックラインを突破できず反落して、F点を下回った段階でフォーメーションが完結します。

出来高の相関

この2つのフォーメーションは、上下の対称で非常によく似ていますが出来高の特性が異なります。また、出来高はトレンド転換の確認指標として大きな意味を持ちます。

ヘッドアンドショルダーズボトムの出来高推移

ヘッドアンドショルダーズボトムフォーメーションは、A点で出来高が増加しますが、C点、E点ではさほど増加せず、B点とD点を結ぶ「ネックライン」を上回ってF点まで上昇する段階で急増します。

ヘッドアンドショルダーズトップの出来高推移

反対にヘッドアンドショルダーズトップ・フォーメーションはA点で最も多く、C点、E点それぞれの高値では減少傾向をたどり、B点とD点を結ぶ「ネックライン」を割れ込んでF点まで下落する段階で増加するが、A点の出来高を上回ることはありません。

つまり、ヘッドアンドショルダーズボトムフォーメーションではフォーメーションの後半に出来高が増加するのに対して、ヘッドアンドショルダーズトップフォーメーションでは、前半で出来高のピークを形成することが多いです。

リターンムーブの特性

もう一点、重要なポイントを追加しておくと、ヘッドアンドショルダーズボトムとトップのフォーメーションが、「ネックライン」をブレイクしてフォーメーションの完成後、「リターンムーブ」と思われた一時的な反転が大幅な出来高を伴って「ネックライン」を再度ブレイクすると、それまでの流れが180度逆転してフォーメーションが始まる以前のトレンドに逆戻りすることがあります。

これをボトムフォーメーションでは「完成し損じたヘッドアンドショルダーズボトム」、トップショーメーションでは「完成し損じたヘッドアンドショルダーズボトム」、トップフォーメーションでは「完成し損じたヘッドアンドショルダーズトップ」といいます。

ダブルフォーメーション

ダブルボトム

ダブルフォーメーションは、ヘッドアンドショルダーズ(トリプル)フォーメーションに比べると発生する頻度は高いため、典型的なボトムやトップ形成のフォーメーションといえます。

上の図は、ダブルボトムチャートの形です。長期的な下降トレンドが続いてチャネルライン(2)にA点が到達してボトムを形成すると上値抵抗線となる下降トレンドライン(1)のB点まで反発する。しかし、チャネルラインを突破できずに、再び下げに転じてC点まで下落します。

C点は、A点とほぼ同じ水準にありますが、A点を下回ることはありません(C点はA点と同じか、それともA点の上3%程度で止まることが多い)。そして、C点でボトムをつけた後、B点から水平に引かれたネックラインをブレイクしてD点に到達した段階でパターンは完成します。

出来高は、ヘッドアンドショルダーズボトムと同様にネックラインを上回る段階で増加します。D点からE点に向けた下落は「リターンムーブ」と呼ばれる反動安になるりますが、ネックラインが抵抗線となって再び反発に転じ、F点に向けて上昇していきます。

ダブルボトム形成後の価格予測は、ボトムのC点からネックラインまでの値幅を、ネックラインから上に加算した水準が最低目標価格となります。一般的にはA点からB点までの上昇幅の倍上げというふうに計算されます。

ダブルトップ

上の図が、ダブルトップのチャートになります。ダブルトップは、ダブルボトムをそのまま裏返した形と同じになります。長期的に上げ続けてきた上昇トレンドが、A点で高値をつけて反落し、B点の安値をつけますが、上昇トレンド(1)は下回りません。そして、B点から再び上昇するものの、A点を上回れずに反落しネックラインを下回ったところでダブルトップフォーメーションが完成します。

出来高の推移は、ヘッドアンドショルダーズ同様にフォーメーション形成前半に多く見られ、2度目の高値付近では増加しません。しかし、実例を探してみると後半に出来高が増加しているケースも数多く見られるため、これに関しては柔軟な解釈が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください