⇒⇒⇒注目の銘柄情報を入手

【危険】仕手筋の餌食にならないために知っておくべきこと

まず、仕手株とは仕手筋によって株価が操作されている銘柄のこと言います。仕手筋の目的は、狙った株を安く仕込み株価を吊り上げて高く売ることです。そうすることで膨大を利益を生み出しているのです。

仕手筋はこうして仕掛けて来る

まずは買い仕込み

狙った銘柄を安く仕込み、なるべく高値で売るのが仕手筋の目的です。なので、株を集めるときに株価が目立った値動きをしてしまうと、その値動きを嗅ぎつけてデイトレーダーなどが寄ってきてしまうため、大きな値動きをしないようにし注意してコッソリと集めていきます。

株を安値で集めるためには、その時点で株を保有している投資家たちに、『この株はもう上がらない、持っているともっと株価が落ちていく』と思わせなければなりません。そのため、株価を微妙に動かし株価を横ばいか少しずつ落とすなどして、チャートを作っていきます。

その結果、もう上がらないと思った個人投資家が、その株を売却していくので、じっくりと時間をかけてその売りを丁寧に拾っていきます。あまり株価を下げ過ぎて割安株狙いの長期投資家に買われるのも厄介なので、株価を下げすぎないようにも注意しています。

このことからもわかるとおり、優良割安株が仕手筋に狙われることは、ほぼありえないと言って良いでしょう。つまり仕手筋に狙われるのはよくわからない割安銘柄が大半です。

株価を上げるきっかけを待つ

仕手株の仕込み時期の株価は低迷または緩やかに上昇、そして出来高は少ないという状態が一定期間続きます。この期間は仕手株が株を集めるまでの時期&仕手株が株価を上げるきっかけになる材料待ちだったりします。

ただ、出来高を完全にカモフラージュするのは困難で、仕手筋が仕込み始める前と仕込んでいる最中で比べると、出来高が少し増えている時があります。出来高低迷でも以前よりも少し多めと言う場合は、仕手株の可能性が高まります。

株価を引き上げるための仕掛け

そして、仕手筋が安く買い集めたら、今度は持ち株を少しでも高く売るための仕掛けに動き出します。まずは、いかにも株価がこれから上昇していきそうなチャートを作り投資家を呼びこみます。

そして、仕手筋は株式の情報屋をやっているところも多いため、この段階で会員である顧客に自分が仕込んだ銘柄がもうすぐ上がると情報を出します。情報を買っている会員は、この段階で仕込むことができます。

それにより株価が上がり始め、何か材料がでるなどしたら株価上昇の合図とばかりに株価を上げ始めます。するとどんどんそれに気づいた投資家たちがその銘柄に群がってくるため、更に株価を押し上げていくことになります。

狙った銘柄の情報を拡散する

この段階まできたら、上昇のきっかけとなったIR等がいかにもすごい材料であるかのように、株情報掲示板などに書き込みをしたりもします。これは風説の流布というれっきとした違法行為です。

Twitter等のSNSも用いて、あちこちにその銘柄はいいと拡散します。そして、その銘柄を知らなかったデイトレーダーやテクニカル投資家に銘柄の存在と上昇の流れを認知させ、さらに株価を押し上げてもらうのです。

最後は売り抜いて終わり

仕手筋はそのように多くの投資家が熱狂的にその銘柄に群がってる段階で、持ち株をどんどん売っていきます。全体を売るのはなかなか難しいですが、株価が数倍になっていれば半分も売れれば十分なわけです。

そして、買い手が減って需給のバランスは崩れていき、もうこれ以上は上がらないと判断すると、デイトレーダーが一斉に利益確定ないしは損切の売りに走ります。こうなると売り手が大きく増えて供給超過となり、株価は一気に急落します。

典型的な仕手株は、おおむねここで説明したような動きをしますので、チャート・出来高から一相場に参加する場合は、逃げ遅れないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください