⇒⇒⇒注目の銘柄情報を入手

【緊急】緊急性の高い銘柄情報ですのお早目にご確認ください。

 

“日本株に調整一巡感”昨日の日本株は、日経225先物で20,700円台の調整が示唆されていましたが、21,000円台で始まり、21,100円台で終わり、割り込んでいた75日移動平均線を回復する底堅さを見せての終了となりました。

 

前週末の下落要因については、『本来事前に織り込んでいたはず』の米中貿易摩擦による世界経済成長鈍化懸念。

 

つまり、「今更下げるような材料ではない」ものに、SQ清算売りや、米雇用統計に対する警戒感がこの材料を必要以上に意識させたことによる【過剰な警戒売り】に起因したサプライズ的な急落と判断できます。

 

そしてこの週明け相場、前週末の相場を若干引きずる形で、一時的に下に振れる可能性はあってもすぐに買い戻されると弊社は想定しており、昨日はその通りの展開となっています。

 

そしてここからの日本株は、外国人投資家による資金介入によって、日本株に巻き返しの動きが見られると予想しています。

 

その理由は、米投資銀行メリルリンチのデータ・公表によれば、今年に入って世界の株式市場からは600億ドルもの資金流出が発生しており、その資金は今後、投資妙味の高い日欧株に向かうことを示唆しています。

 

それを前提に今後の展望を考えるなら、SQを終えたことで“国内先物市場”に外国人の短期資金が介入してくる可能性は高く、その動きによって今後最も熱い展開が期待されるのは、

 

◎内需株が多い

◎先物市場が存在する

◎ボラティリティ(価格変動)大きい

◎成長力の大きいベンチャー企業が多い

 

この条件を満たしている、新興“マザーズ市場”の銘柄に絞れると判断します。

 

今週早速、市場全体にこの動きが出てくることを想定しますと、“昨日の段階で今日から買われる銘柄は初動を見せているはず”と考えることができるわけですから、それを踏まえて“大口介入と思しき需給好転が確認された短期急騰候補株を厳選”しております。

 

こちらの、銘柄の詳細につきましては下記より無料登録を行い、配信されるDMをご確認くださいませ。

 

無料登録(※3月13日15時迄開催)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください